ご相談初回無料

お気軽にご相談・お問い合わせください

TEL 0172-55-7882

電話対応時間 9:00~18:00年中無休

遺言書~押印の場所・契印の要否

2018/6/14

こんにちは。本日は、遺言書 押印の場所・契印の要否について説明します。

◎押印の場所

・押印の場所については、署名の下になされるのが通常ですが、遺言書本文の入れられた封筒の封じ目にされた押印をもって、押印の要件に欠けるところはないとした事例があります。
・一方、遺言内容の書かれたカレンダーの裏面(文書)と封筒からなる遺言書について、文章には被相続人の署名及び押印のいずれもない一方、封筒には表に「遺言書」の記載、裏面に遺言者の氏名及び封じ目に「封」との記載、遺言者の苗字の印影がある事案において、「文章と封筒が一体のものとして作成されたと認めることができるのであれば」遺言を自筆証書遺言として有効なものと認め得る余地があるが、当該遺言においては文章と封筒の一体性を否定し、自筆証書遺言の方式を欠くものとして無効とした事例があります。そのため、遺言を記載した文章に署名をし、その下に押印をする方が確実であるといえます。

◎契印の要否

・遺言書が数葉に渡る場合、その間に契印・編綴がなくてもその内容・外面等から見て1通の遺言書であることが確認できる限り、遺言書は無効となりません。

◎他人による押印の効果

・民法968条1項は「遺言者が」「これに印を押さなければならない」としている以上、原則として遺言者自らが押印しなけらばならず、遺言者と無関係に他人が押印した遺言は無効であると考えられます。
・もっとも、必ずしも遺言者が常に押印しなけらばならないというものではなく、判例は遺言者の依頼により病床のそばにいた者が、遺言者の面前で押印した場合について有効であるとしています。また、遺言者がAに押印を欠く遺言書を交付し、かつ、Bに預けてある実印の返還を受けて遺言書に押印するように指示し、AがBから実印の返還を受けて遺言者の指示どおりに遺言書に押捺した場合も、遺言者の特定及び遺言意思の確認に欠けるところがないとして、押印を有効とした事例があります。
・このように遺言者の特定及び遺言意思の確認に問題がない場合、他人による押印を有効とした判例もありますが、遺言者のの特定及び遺言意思の確認がされれば他人による押印で足りるとすることも、疑問も残るところであります。事情を個別に判断して遺言者自身による押印と同様といえるような場合、例外的に有効となるものと考えられます。遺言者の手による押印が原則である以上、特段の事情がある場合を除き、遺言者による押印を行うのが確実な方法であると考えられます。

◇ちょっとアドバイス

□署名・押印については、これを緩和してとらえる判例も存在しますが、遺言の厳格な要式行為性からすると、遺言者自身によって署名押印をなした方が、間違いがないことは言うまでもありません。署名押印等の要式面で間違いがないようにするには、公正証書遺言にする方がより確実といえます。

本日はここまでとします。次回、遺言書の日付の記載方法に続きます。
またのご訪問お待ちしております。

 

おススメ記事

  • 永住許可申請とは何か?~要件と必要な書類

  • 相続/遺言書作成~遺言できる事項とは

  • 建設業法令遵守ガイドライン~11項目/その1

  • 在留資格(就労)を新設~外国人材受け入れ拡大

  • 車庫証明に必要な書類と書き方・マニュアルについて ~青森県・弘前市他の場合~

業務案内

  • 会社設立

    会社の称号・目的の決定、定款の作成、定款の認証、出資金の払い込み、必要書類及び申請書類の作成、設立の登記の申請(登記申請は司法書士に依頼)

  • 車庫証明

    車庫証明手続き代行。申請書類、添付書類作成・申請等

  • 建設業許可申請

    建設業許可の新規取得・更新手続き・業種追加等

  • 内容証明

    クーリングオフ等に内容証明作成・発送代行

  • 遺言書作成

    公正証書遺言・秘密証書遺言の作成サポート
    自筆証書遺言は当事務所では取り扱いしておりません

  • 農地転用

    農地転用に関わる申請手続きをサポート

  • 入管業務

    入管業務(ビザ・VISA支援サポート)在留資格認定・更新・変更・取得申請、短期滞在書類作成、就労資格証明書交付申請、資格外活動許可申請、永住許可・帰化許可申請、再入国許可申請

  • その他業務

    海事代理士業務、ドローン飛行許可申請、古物商許可申請、産業廃棄物許可申請、宅地建物取引業者免許申請、その他各種手続き・代行・サポート

ご依頼の流れ

  1. お問い合わせ

    相談初回無料まずはお気軽にお電話・メールにてお問い合わせください。

  2. 面談

    日時を調整し、ご指定の場所又は事務所等にて面談を行います。

  3. お見積

    ご依頼の内容に必要な手続き等の説明と見積もりを提示。ご納得頂ければ正式な手続依頼となります。

  4. 書類作成・代行等

    お客様に変わって取得できる書類の作成・手配等を行います。(着手金・実費等をお支払いいただきます)

  5. 完了とご精算

    手続きが完了しましたら、お預かりした書類等の返却と、残金のご精算となります。

依頼者に事務所へ来てもらわず自分から依頼者のもとに伺います。当事務所へ足を運んで頂く必要はございません。
事業に専念してもらうことが事務所の方針です。

相談・お問い合わせ

メール・電話相談初回無料
メール・電話どちらもお気軽にお問い合せください。

電話 0172-55-7882

[電話対応時間]9:00~18:00年中無休

FAX 0172-55-7883

お問い合わせフォーム

    お問合わせ内容必須
    お名前必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    備考
    確認必須 入力内容を確認しました

    ※確認画面は表示されず送信されます。

    対応エリア

    弘前市及び津軽一円

    • 弘前市
    • 黒石市
    • 平川市
    • 青森市
    • 五所川原市
    • つがる市
    • 藤崎町
    • 大鰐町
    • 板柳町
    • 鶴田町
    • 鰺ヶ沢町
    • 深浦町
    • 中泊町
    • 田舎館村
    • 西目屋村

    ※上記以外の地域も相談に応じます。
    お気軽に問い合わせ、相談ください。

    アクセス

    〒036-8064 青森県弘前市大字東城北3丁目1番地8