ご相談初回無料

お気軽にご相談・お問い合わせください

TEL 0172-55-7882

電話対応時間 9:00~18:00年中無休

建設業に関する法律~独占禁止法と建設業法

2018/7/19

こんにちは。本日は、建設業に関する法律について説明します。

◎どんな法律が適用されるのか

・建設業者が下請を行ったとしても下請法は適用されません。建設業者が下請を行った場合には建設業法と独占禁止法が適用されます。建設業に関する取引は建設業法で細かく規制されているので、建設工事の下請取引については下請法ではなく建設業法の適用を受けることになります。建設業者が建設業法に違反する行為を行い、その行為が独占禁止法の不公正な取引方法に該当する場合には、国土交通大臣や都道府県知事は公正取引委員会に対して必要な措置を講じるよう求めることができます。この要求を受けた公正取引委員会は、不公正な取引方法に該当する行為を行っている建設業者に対して、違反行為の差止などを命令します。

◎下請取引に関する不公正な取引方法の認定基準がある

・公正取引委員会は、建設業の元請負人の行為が不公正な取引方法であると認定するための基準を規定しております。次の①~⑩に該当する元請負人の行為は不公正な取引方法になるとされております。

①下請負人が工事を完了してから20日以内に検査を完了しないこと。
②①の検査によって建設工事の完成を確認した後、下請負人の申し出があったのに、直ちに当該建設工事の目的物の引渡しを受けないこと。
③注文者から請負代金の支払いを受けた時に、注文者から支払いを受けた日から起算して1か月以内に、下請負人に下請代金を支払わないこと。
④特定建設業者(規模の大きな工事を下請負人に発注できる建設業者)が注文者となった下請契約における下請代金を、②の目的物の引渡しの申し出の日から50日以内に支払わないこと。
⑤特定建設業者が注文者となった下請契約に係る下請代金の支払いにつき、②の目的物の引渡しの申し出の日から起算して50日以内に一般の金融機関による割引を受けることが困難な手形を交付し、下請負人の利益を不当に害すること。
⑥自己の取引上の地位を利用して、通常必要と認められる原価に満たない金額を請負代金の額とする下請け契約を締結すること。
⑦下請契約の締結後、正当な理由がないにもかかわらず、下請代金の額を減額すること。
⑧下請契約の締結後、自己の取引上の地位を不当に利用して、建設工事に使用する資材等を指定し、これを下請負人に購入させることによって、下請負人の利益を害すること。
⑨建設工事に必要な資材を購入させた場合に、下請代金の支払期日より早い時期に当該資材の対価を支払わせ、下請負人の利益を不当に害すること。
⑩元請負人が①から⑨までに掲げる行為をした場合に、下請負人がその事実を公正取引委員会に知らせたことを理由として、下請負人に対し不利益な取扱いをすること。

◎ガイドラインにも規定がある

・建設業の下請業については、元請負人と下請負人の取引が公正に行われることを目指して、建設業法令遵守ガイドラインが規定されております。
・このガイドラインの中では、建設業法に違反することになる事例を具体的に示しております。ガイドラインでは、11項目の具体例を示していますので、次回説明致します。

本日はここまでとします。次回、建設業法ガイドラインに続きます。
またのご訪問お待ちしております。

 

 

 

 

おススメ記事

  • 永住許可申請とは何か?~要件と必要な書類

  • 相続/遺言書作成~遺言できる事項とは

  • 建設業法令遵守ガイドライン~11項目/その1

  • 在留資格(就労)を新設~外国人材受け入れ拡大

  • 車庫証明に必要な書類と書き方・マニュアルについて ~青森県・弘前市他の場合~

業務案内

  • 会社設立

    会社の称号・目的の決定、定款の作成、定款の認証、出資金の払い込み、必要書類及び申請書類の作成、設立の登記の申請(登記申請は司法書士に依頼)

  • 車庫証明

    車庫証明手続き代行。申請書類、添付書類作成・申請等

  • 建設業許可申請

    建設業許可の新規取得・更新手続き・業種追加等

  • 内容証明

    クーリングオフ等に内容証明作成・発送代行

  • 遺言書作成

    公正証書遺言・秘密証書遺言の作成サポート
    自筆証書遺言は当事務所では取り扱いしておりません

  • 農地転用

    農地転用に関わる申請手続きをサポート

  • 入管業務

    入管業務(ビザ・VISA支援サポート)在留資格認定・更新・変更・取得申請、短期滞在書類作成、就労資格証明書交付申請、資格外活動許可申請、永住許可・帰化許可申請、再入国許可申請

  • その他業務

    海事代理士業務、ドローン飛行許可申請、古物商許可申請、産業廃棄物許可申請、宅地建物取引業者免許申請、その他各種手続き・代行・サポート

ご依頼の流れ

  1. お問い合わせ

    相談初回無料まずはお気軽にお電話・メールにてお問い合わせください。

  2. 面談

    日時を調整し、ご指定の場所又は事務所等にて面談を行います。

  3. お見積

    ご依頼の内容に必要な手続き等の説明と見積もりを提示。ご納得頂ければ正式な手続依頼となります。

  4. 書類作成・代行等

    お客様に変わって取得できる書類の作成・手配等を行います。(着手金・実費等をお支払いいただきます)

  5. 完了とご精算

    手続きが完了しましたら、お預かりした書類等の返却と、残金のご精算となります。

依頼者に事務所へ来てもらわず自分から依頼者のもとに伺います。当事務所へ足を運んで頂く必要はございません。
事業に専念してもらうことが事務所の方針です。

相談・お問い合わせ

メール・電話相談初回無料
メール・電話どちらもお気軽にお問い合せください。

電話 0172-55-7882

[電話対応時間]9:00~18:00年中無休

FAX 0172-55-7883

お問い合わせフォーム

お問合わせ内容必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
備考
確認必須 入力内容を確認しました

※確認画面は表示されず送信されます。

対応エリア

弘前市及び津軽一円

  • 弘前市
  • 黒石市
  • 平川市
  • 青森市
  • 五所川原市
  • つがる市
  • 藤崎町
  • 板柳町
  • 鶴田町
  • 鰺ヶ沢町
  • 深浦町
  • 中泊町
  • 田舎館村
  • 西目屋村

※上記以外の地域も相談に応じます。
お気軽に問い合わせ、相談ください。

アクセス

〒036-8064 青森県弘前市大字東城北3丁目1番地8